愛犬のメタボ対策にレモン果皮のペットフード|有限会社 峰和
ワンちゃんコラム
犬の丸呑みについて
がっかりする犬の丸呑み 
犬って、食べ物をあげると、大きいもの以外はほぼ丸呑みしますよね。
自分のおやつを少し分けてあげたときも、二口くらいで飲み込んで「もう一つちょうだい」みたいな目でこちらを見ています。
こちらとしては「少しは味わって食えよ」っていう気持ちになりませんか?
丸呑みの理由 その1 
丸呑みするのは、自分で見つけた獲物を誰かに横取りされるという危険に常にさらされてきたからだそうです。これは外敵だけでなく、集団の仲間と奪い合うという状況もあったものと思われます。つまり味わいながらゆっくり食事をしていると、自分の取り分がなくなってしまうという状況で生きてきたからです。
この結果、犬はとりあえず丸呑みしてから取られる心配のない場所に移動し、食べたものを吐き出して味わいなおすという芸当ができるようになったそうです。
丸呑みの理由 その2 
でも、食べたものを吐き出して味わいなおすところはあまり見たことがないですね。
もうひとつの理由として、犬の歯は人間とは違って食べ物を「すりつぶす」という機能がないため、丸呑みできる大きさの食べ物であれば、丸呑みする習性があるということのようです。
消化する機能が十分に備わっているので、丸呑みしても大丈夫とのことです。
丸呑みのご注意 
ただ、この習性のため、間違って食べ物ではないものを丸呑みして事故につながることもあるようです。
おもちゃなどを丸呑みして病院に担ぎ込まれるワンちゃんもたくさんいるそうですので、注意しておかないといけないですね。

コラム一覧ページに戻る
フラボノ・ワンちゃん広場
フラボノ・ワンちゃん広場
FACEBOOKの公式ページです
会社情報
  • 有限会社 峰和
  • 代表者: 峰松 和作
  • 〒726-0021
    広島県府中市土生町661番地の23
お問い合わせ
業務内容
  • ①より健康で快適な生活をするための商品の開発、製造及び販売
  • ②インターネットによる通信販売及び支援
  • ③天然由来の機能性食品の開発および販売
  • ④化学商品の製造及び加工業者へのコンサルティング
峰松和作の実績
関連ページ